人気沸騰中 バイナリーオプション

FXのバイナリーオプション(Binary Option)とは近年、人気を集めている金融取引の方法の一つです。その特徴は、Binaryすなわち「二進法」という言葉が示すように、1か0か、丁か半かといったように極めて単純な選択肢によって投資ができるという点にあります。

具体的な例を挙げるとすると、ある時点でドル円の相場が90円50銭であった場合、一定時間後に、その相場よりも高いか低いかを予想することになります。もし、高いと予想した場合、規定の時間が経過した後に90円51銭以上であれば勝ちとなり、倍率に従って掛け金が払い戻されます。一方、90円49銭よりも低かった場合、掛けた金額は全て没収となります。このように上か下かを予想するだけであるという明快なシステムが、バイナリーオプションという取引の魅力の一つです。また、ただのギャンブルとは違って、メタトレーダーなどのツールやチャートを使いこなせるようになることで、勝率を上げる事が出来ます。

これだけでは単なる丁半博打、ギャンブルのように映るかもしれませんが、相場は単なる確率によって動いているわけではなく、様々な要因によって流れが決定されていくという特徴があります。つまり、単純なバイナリーオプションという取引とはいえ、相場を読む力は確実に要求されるというわけです。逆に言えば、経験や学習を積むことで、勝率を上げ、利益を増大させることができるとも言えるでしょう。バイナリーオプションは初心者が、とっつきにくい金融取引の中に入っていく入門のための取引方法の一つとしておすすめすることができます。

その他のバイナリーオプション
超短期取引であるということも特徴です。バイナリーオプションはそのほぼ全てが24時間以内に精算されるデイトレードとなっています。精算が強制的に行われるため、自分の思惑で翌日に持ち越すことがなく、精神的に余裕が持てるのに加え、短期投資において重要なファクターである売り時に迷うことがありません。売りどきの問題は特に初心者にとっては判断が難しい要素なので、その点でも初心者向きの投資方法といえるでしょう。短期間で決済されるため、長期取引で少しずつ資金を増やしたい人には向いていませんが、逆に言えば短期間で資産を倍増させることが可能な取引方法であるとも言えるでしょう。

また、バイナリーオプションにおいては、FXなどとは異なり、損失が限定的です。高レバレッジの証拠金取引などではしばしばロスカットが間に合わず追証によって多額の損失を被る可能性が存在しますが、バイナリーオプションの場合は、もし負けた場合であっても、最初の掛け金の範囲内で損失が収まるという特徴があります。


「貯蓄から投資へ」と呼ばれて久しいですが、実際にそれを行動に移している人って実は多くはないんですよね。

よく日本人は貯蓄が好きな国民だと言われるのですが、それは単に貯蓄が好きだからではなくてリスクが最大限回避できる生き方が好きなだけだと思うのです。

また、バブル期には長期の定期預金で年利が5%を超えるなんて時もありましたので、そういった濡れ手で粟の感覚が抜け切らないのも貯蓄に走る大きな要因になっているでしょうね。

もっとも、現在では当然年利5%もの貯蓄なんてありませんし、あったとしてもかなり怪しい雰囲気の漂っている金融商品になっていることでしょう。

そういったものに積極的な投資をして元本を減らすのならば、例え100万円に対して利息が10円であってもそれが減らない方を選択せざるをえないということなのでしょう。

もちろんそれ自体を否定する気はありませんが、仮に1,000万円の現金を保有していても、貯蓄によって年間の利息が100円というのはいかがなものなのでしょうか。

会損失という概念を持ち出せば、実はこうした守りの姿勢は多大な損失を被ってしまっているんですけどね。

とは言え、今更投資なんて怖くてできないという人も多数いらっしゃることでしょう。そこでおすすめなのが、各企業で実施している投資セミナーなんですよね。

投資セミナーと聞くと、何となく悪徳マルチ商法の集まりをイメージされるかもしれませんが、それは単純な誤りです。

今や投資セミナーは大規模な証券会社から投資関連の本を出版する出版社、そして銀行もきちんとした内容で実施しているのです。

こうした企業は、いかに顧客に損をさせて私腹を肥やすのかという着眼点でセミナーを実施しているわけではありません。

証券会社であれば口座を作ってもらい、その後の株式取引による手数料を得るために、出版社であれば投資関連で少しでも本が売れるように実施しているのです。

そのため、投資に恐怖感や猜疑心を抱いているような初心者の方に対しても、懇切丁寧にイロハのイを教えてくれる存在でもあるわけですね。

もちろん、こうしたセミナーでは「どのようにすれば儲かるのか」ということは言い切りません。そういった内容のセミナーが良いのであれば、投資を専門に業として行っている業者のセミナーへ行きましょう。

ただし、投資は最終的には自己責任です。セミナーを聞いているうちに段々と儲かるような気がしてしまうでしょうが、確実に儲かる方法など存在はしません。

損失を被る時もあるでしょうから、そこはきちんと覚悟をして聞くようにしましょう。

それさえできれば、年間で100万円に対して10円のリターンしか得られないなんて馬鹿馬鹿しくてやっていられなくなるでしょうね。

それくらい、投資は上手にやれば利回りの良いものなのです。それこそ、往年の年利5%を上回る利回りを得ることも可能になりますよ。

気になられた方は、まずは無料のセミナーに参加をして投資のイロハを身に付けてくださいね。